Android vs. iOS。どこでアプリを作るべきか?

初めてのアプリを開発しようとしている新進気鋭の起業家であれば、おそらく最も切実な問題は、iOSとAndroidのどちらで開発するかということでしょう。両OSを合わせると、アプリ市場全体のほぼ100%を占めていますが、世界規模で見ると、Androidが66%という圧倒的なシェアを誇っていることは注目に値します。

しかし、これがすべてではありません。どのOSで開発するにしても、それぞれにメリットとデメリットがありますが、多くの開発者にとっては、iOSが最も優れています。

つまり、どのOSを選択するかは、開発するアプリの種類、使用したい機能、ターゲットとする市場、そして自分のスキルによって決まります。この記事では、iOSとAndroidのどちらでアプリを作るべきかをご紹介します。

AndroidとiOS。なぜ選ぶのか?

まず最初に、なぜOSを1つに絞る必要があるのかを説明します。すべてのベースをカバーするために、両方のOSで開発することが理にかなっている場合もあります。しかし、小規模な開発者にとっては、そのようなケースはほとんどありません。機能するアプリを作るには、時間と費用がかかります。

iOSとAndroidではソフトウェア環境が大きく異なるため、両方のプラットフォーム向けに開発するには、同じ製品を2回ゼロから作らなければなりません。多くの開発者は、どちらか一方を選ばなければなりませんが、最初の製品が成功したら、もう一方のプラットフォームでも開発したいと考えています。

どのようなアプリを作っているのか?

どのようなアプリケーションを作ろうとしているかによって、どちらのOSを選ぶべきかが大きく変わってきます。Androidがオープンソースであるのに対し、iOSはAppleのアプリ機能のみを使用しているため、iOSで利用できない機能をアプリに持たせたい場合は制約を受けることになります。このことは、モバイルゲームアプリ業界、特に年間数十億ドルの収益を上げているリアルマネーのオンラインカジノアプリを見ればよくわかると思います。または、http://onlinecasinoosusume.jp/mobile-casinoで推奨されるモバイルカジノを選択して、今すぐプレイしてみてください。

そのため、オンラインカジノファンに人気のレビューサイトでは、Android用カジノのレビューとiOS用カジノのレビューの2つのコーナーが設けられており、ユーザーが自分のOSに合ったカジノに素早くアクセスできるようになっています。このように、モバイルカジノゲームでは、他のアプリと同様に、OSの選択が製品の出来栄えに大きく影響することがわかります。

ターゲットとなる顧客層は?

次に、市場の統計について説明します。大まかに言えば、iOSユーザーとAndroidユーザーは異なる層になります。iPhoneユーザーは、Androidユーザーよりも消費力が高いことがわかっており、iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりも平均で40%多くの収入を得ているという調査結果があります。

アップルのユーザーは、ダウンロード数が半分以下であるにもかかわらず、App Storeの収益がGoogle Playの2倍であることからも、消費意欲が高いことがわかります。また、アップルのユーザーは、女性や大卒者の割合が高いのも特徴です。アプリを開発する際には、これらの点を考慮する必要があります。

アプリをどこでリリースしたいか?

最後に、アプリをリリースしたい地域の市場が非常に重要な役割を果たします。Androidは世界的に大きなシェアを持っていますが、iOSは米国、西ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで圧倒的なシェアを持っています。一方、Androidは、インド、中国、ブラジル、インドネシアなどの新興国市場で圧倒的なシェアを誇っています。

したがって、新興国をターゲットにしたい、あるいはできるだけ多くのユーザーを対象にしたいと考える人は、Androidを選択するべきです。それは、マイクロソフトのような世界的なデベロッパーの巨人が、今まさに行っていることでもあります。しかし、欧米の特定の富裕層向けにアプリをリリースしたいのであれば、iOSを選択するのがベストでしょう。

AndroidもiOSも、それぞれ長所と短所があります。しかし、これらの要素を考慮に入れれば、選択は明確になるはずです。

57e57a3f86a9fc97a6c527228fe7bab7